【安い】ベトナムでシステムを作るとどうなる!?

fa2f5635-560f-49ca-8da7-598b36df97d0.Vietnam-hcmc-skyline

初ブログなので、最初に自己紹介をします。

ベトナムでオフショアを1年やった末、

え?なにここ!可愛い女の子多いし、ご飯美味しいし、モノ安いし最高すぎるんですけど!

と、感動して

転職しちゃったMori Mapです。

CTO的な事やってます。

ベトナムではIT産業が盛んで

特にオフショアが盛り上がっています。

ほとんどの会社で、日本語BSEが用意されてて

我々日本人も、仕事がやりやすそうに見えます。

まだまだ少ない経験だとは思いますが

私が学んだり、感じたことをここに記します。

プロジェクトで大事なのは、マネージメントです

PM PLの能力如何がプロジェクトの生死に関わります。

当たり前の話ですね。

オフショアに関して、重要な項目をあげていきます。

1.システムに対するマネージメント力

これはオフショアに関係なくても、無いと困りますよね。

しかし、このベースがちゃんとしっかりしてないと

オフショアに関係ないところで失敗します。

以前、日本語が話せるベトナム人のPMの方がいました。

しかし、マネージメント知識が中途半端で

気づいたらチームはバラバラとなり、

プロジェクトは失敗してしまいました。

まずは、ここは余裕だと言えるスキルをつけましょう!

PMBOKや現場で、勉強すればよいですね。

2.文化の違いを理解しよう

ベトナム人と仕事するのに

相手を理解する努力をしないと考えている事がわかりません。

まずはチームメンバーで仕事の話は抜きで、

呑みにって、カラオケにいってと純粋に楽しみましょう!

下ネタは万国共通です。

あのサッカー選手の長友も、下ネタのおかげで仲良くなれたと

どこかで言っていました!

場合によっては、ウフフなお店も・・・。笑

3.仕事に対する熱意を伝えよう

どれだけこの仕事が重要なのか、失敗は駄目なのか

そんなこと、日本人なら雰囲気でわかります。

しかし雰囲気で察してくれるのはJAPANだけです。

お互いの認識にズレが生じないようにしっかり伝えましょう。

4.マネージメントはビジネススタイルから

日本人が仕事上、当たり前のようにできることを

ベトナム人は知りません。

ベトナム人が悪いわけではなく、彼らは知らないだけなのです。

ホウレンソウ、ここから教えましょう。

品質に関わる重要なポイントです。

まめにチェックシートを出すとか、方法の一つだと思います。

ここが改善すれば、バグは予想の範疇に収まります。

5.英語を話そう!

ベトナム語ができたら一番ですが

英語を話せないと、上記の事に苦労します(笑)

しかし、語学とコミュニケーションは別スキルです。

できない人は、10倍苦労して

コミュニケーションしましょう!!

要するに、PMの能力に加えて

異文化コミュニケーションができるかが

重要ということですね!

プロジェクトを成功させるためにも、密なコミュニケーションを取り、

しっかりマネジメントしていきましょう!


     
Top